スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まだまだこれから~浦和レッズvsセレッソ大阪

昨日、新入生を3人連れて埼スタでの試合に行ってきました!(2人は浦和サポ)

セレッソが今シーズン初めて関東圏で試合をするということで、ゴール裏に飛び込みました!


まずはスタメン
浦和レッズ
GK山岸
DF高橋峻
DFスピラノビッチ
DF永田
DF宇賀神(→野田)
MF鈴木(→山田暢)
MFマルシオ・リシャルデス
MF柏木
FWエスクデロ
FW原口
FWエジミウソン(→高崎)


セレッソ大阪
GKキム・ジンヒョン
DF高橋大(→酒本)
DF上本
DF茂庭
DF丸橋
MFキム・ボギョン
MFマルチネス
MF倉田
MF乾(→小松)
MF清武(→中後)
FWピンパォン

直近3試合で3連敗と前線のシステムが全く機能していない浦和と
同じく前線が停滞気味で、崩しまでは行ってもネットを揺らせないセレッソの一戦です。

まず一つ初めに浦和レッズのサポーターの熱さを感じました。試合前の息の合った合唱や、チームが窮地でも応援し続ける点など、改めて感心しました。


セレッソも負けていません。アウェーにも関わらずたくさんの観客が駆け付け声援を送ります。


試合は序盤、大方の予想を覆し(??!)浦和ペースでスタート。
勝つためには何よりも得点がほしい浦和は前線の3枚(FWエスクデロ、原口、エジミウソン)が前線でボールをカットすると、一気にドリブルで攻め上がりC大阪ゴール前へ攻め上がる。

そこは、最後の場面でC大阪ディフェンス陣が身体を張ったケアをする。

しかし前半8分、ゴール前の混戦からマルシオのヒールから原口が右足を振りぬく。
DFの間をすり抜けたボールはGKキムの手には届かずゴールネットに突き刺さる。
浦和側は大盛り上がりの一方、セレッソは自チームを信じ声援を送り続ける。

先制されたセレッソはその後、マルチネスの可憐なボールさばきからサイドに配給
→SBが持ち上がりMFへパス→流動的なパス交換からシュートというお得意の攻撃体制に出る。

相手DFの裏側を狙うスルーパスは今シーズンのセレッソの素晴らしい攻撃パターンであるが、相手に固められると停滞してしまうという欠点がある。
そこで必要なのがボランチの遠目からのシュートであるがなかなかマルチネスからシュートが飛ばない。
キムボギョンもなかなか前線でプレーをさせてもらえない。


一方先制した浦和は、中盤の選手がボギョンやマルちゃんを抑えていくのに必死で攻撃に顔を出せない。

前線のFW3枚が、破壊的な個人技を持つ浦和であるが中盤の助けがなく孤立してしまい、ボールが渡ってもドリブルで突破しようとし最終的な局面でシュートに行けない。特にエスクデロ選手は独りよがりなプレーが多くなかなか好機を作ることができていなかった。


ところが、セレッソは38分浦和中盤からボールを奪った清武がピンパォンとパス交換でシュート
そのままきれいに突き刺さる。セレッソが同点に追いつき、明暗が分かれる。



前半はそのまま終了、後半へ

後半は前半と同じゲーム運びで浦和が前線で停滞、セレッソがゴール前の決定力を欠くという状況が続く。

乾が2度の決定期を逃し、丸橋のシュートがサイドをかすめたりと崩しはできても最後の局面で決まらない。

これは今シーズンのセレッソのJでの決定力の低さをそのまま物語るようなシーンで、
特に後半途中では、シュートは打てる状況なのにペナルティエリア内でボールを回してしまうという悪循環に。

先に動いたのはセレッソで高橋選手に代わって酒本選手に。セレッソの最古参である彼のプレーは健気という言葉を使うのが正しいかは別として献身的なプレーでチームを盛りたてる。
丸橋、酒本の両サイドバックの攻め上がりは攻撃に厚みを与える。


一方レッズは鉄人の山田選手を投入、中盤から攻撃強化を目論む。

また高崎選手を投入、前線の起点を作ろうとするもなかなか機を見いだせない。

そのままゲームは進みセレッソの救世主こと小松選手の投入もむなしく試合終了。


セレッソ側として言わせてもらえるのだとしたら、昨日の試合はセレッソが勝ってもおかしくなかった。
MFの選手たちが作った決定機は相手を明らかに上回っていた。ただゴールネットが揺れたのはたったの一回。
ACLでは点が入るのに、Jでは遠い。これは明らかなJリーグの守備力の高さを示している。
JクラブにとってACLとリーグの両立は至上命題であるが、とくにほぼ固定で試合を続けるセレッソにとってはどうしてもフィジカル面での苦慮がつきまとう。クルピ監督自身、選手の疲れはないし言い訳にはならないとはコメントしているものの最終局面での決定力の乏しさは疲れに関係しているのかもしれない。

ただ、このセレッソの攻撃スタイルには非常に見ていて楽しいものだし、実際昨日の試合はフラストレーションが溜まるものではあったものの、非常にエンターテインメント性があった。
『あとはゴールだけ。結果だけ。』この言葉に尽きる。
ただ継続していくことでチームは確実に成長していくはずだ。
セレッソ大阪の今後に期待している。


P.S.浦和のことはわかりません。すみません。




byみんなのキャプテン高橋


コメントの投稿

非公開コメント

No title

倉田とかはあと1歩なのに。。。って感じだよね。
マルチはまだコンディション戻ってないように感じたなー
セレッソはユース上がりの良い若手多いからどんどん使って欲しいところ。
浦和はまあ連携が、、、って感じでしたね。

No title

相変わらず浦和は意味のわからないサッカーしてたね・・・
ジェフも去年セレッソみたいなサッカーをやろうとしたけど
あまりにも適性のある選手がいなさすぎて撃沈したからなー
面白い試みしているわけだしセレッソには頑張って欲しいものですよ

No title

外人4人全員が優秀なセレッソが羨ましい…

あとは結果だけ・・・一年間そんなこと言ってたらJ2にいきました^^
プロフィール

早稲田大学公認サークルのサッカー観戦会による観戦記です。


サッカー観戦会に興味のある方はこちらへどうぞ。

サッカー観戦会

Author:サッカー観戦会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。