スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鹿島アントラーズVS上海申花

更新遅くなって申し訳ありません。忙しくて・・・といいつつサボってました(^_^;)
この試合は新入生3人(みんな女子)と上級生6人の9人で見に行きました。たくさん来てくれてホントに嬉しかったです。そしてコニタンいつもありがとう。

けど天気はあいにくの雨でした。
そういえば前回の鹿島横浜戦も雨だったような・・・・。雨男は気をつけるように!そこのS.M.君、キミの事ですよ。


さて試合の方ですが前半から圧倒的に鹿島がボールを保持する展開に。しかしFWになかなか収まらずチャンスが作り出せません。特に久しぶりに先発出場した遠藤がボールを失ってばかりでブレーキになってました。
先日0-3と完敗した横浜戦と流れがとても似ていて会場には嫌な流れが漂いかけましたがそれを救ったのはキャプテン小笠原でした。ゴール左サイドからのFKをコウロキにピンポイントのパス。これをコウロキがキーパーの股を抜くヘディングシュートで鹿島が先制。嫌なムードを一蹴すると、続けてチャンスが生まれますが、そのあとはなかなか決めきれません。
前半を1-0で折り返します。


後半は立ち上がりこそ鹿島ペースでしたが中盤になるとフォーメーションを攻撃的に変更してきた上海に押し込まれる苦しい時間が続きます。
後半24分には野沢のパスミスからカウンターをくらうも、1対1の大ピンチを曽ヶ端がスーパーセーブ。九死に一生を得ます。

その後は上海に攻め疲れが見え再び鹿島ペースに。終盤には右サイドからのCKから途中出場のフェリぺがヘディングシュート。一度は相手GKにはじかれるもののコウロキが詰めて2点目を奪います。そしてそのまま試合終了。
シドニーFCが敗れたため鹿島は4年連続の決勝トーナメント出場を決めました。


試合全体としては鹿島はボールを持てるものの、軽いミスが多く、なかなかチャンスを生み出せませんでした。得点はどちらもセットプレーから。相手が強くなるこれからは流れの中から得点が奪えないと厳しいように思えました。ですが厳しい試合をきっちり勝てたことは評価できると思います。

明日はシドニー戦。グループリーグを一位で通過するためには大量得点が必要ですが、上海戦の教訓を生かすことができるのか。好ゲームを期待します。



・・・それにしても半端ないはずだったカルロンはどうしたのでしょうか・・・。
ファビオ・ジュニオール臭がするのは俺だけなのでしょうか・・・。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

早稲田大学公認サークルのサッカー観戦会による観戦記です。


サッカー観戦会に興味のある方はこちらへどうぞ。

サッカー観戦会

Author:サッカー観戦会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。