スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フクアリ観戦記1~千葉×FC東京~

なかなか観戦記を書くことが出来ず、今更先週の試合の観戦記を簡単に書かせてもらいます…汗
個人的には名前を出しても特に気にしないです。うちだです。

2011.04.24(日)@フクアリ
ジェフユナイテッド千葉 3-0 FC東京
【得点】オーロイ2、米倉

この試合は今期のホーム開幕戦であり、震災後のJリーグ再開の試合でもあり、さらにはJ1昇格のライバルFC東京との試合ということでもあったので、かなりたくさんのお客さんがフクアリに来ていました。確か公式発表では16000人を超えていたと思います。

うちのサークルでは新入生2人を含め5人で観に行きました(来てくれた1年生ありがとう♪)

この試合では、すでに開幕前のプレシーズンマッチや北九州との開幕戦で大活躍している千葉のオーロイに注目が集まり、そのオーロイに対して日本代表でもあるFC東京のセンターバック今野と森重がいかに対応するのか、そのマッチアップが見ものでした。

前半は、序盤こそ千葉がオーロイの落としから深井や米倉が立て続けにシュートを打ったものの、やはりJ2では圧倒的な戦力を誇るFC東京が試合の主導権を握りました。両サイドの谷澤と鈴木のダブル達也がドリブルで千葉のエリア内へ切り込み、千葉ゴールを何度も脅かしていました。右サイドバックの椋原の積極的な攻撃参加も千葉にとってかなり脅威だったと思います。しかし、守る千葉も連動的なプレスが機能しており、何度か危ないシーンを作られるものの前半はしっかりと失点0で終えることが出来ました。また、前半終了間際にFC東京の米本が佐藤勇人との競り合いで負傷退場してしまい、変わりに羽生が交代で入りました(米本は前十字靭帯損傷で数ヶ月の離脱…大丈夫か?)

後半は、さっそく千葉が動き、センターバックの青木良太に代わりミリガンが入り、その交代で前半は間延びしていた千葉の中盤がコンパクトになり、前半よりも千葉が若干優位に試合を進めます。そして、試合が動いたのが77分。ミリガンのロングスローをオーロイがそのまま強烈なヘッドでゴールに叩き込み千葉が先制します。ミリガンのロングスローの情報はFC東京の選手達に入っていなかったらしく、日本代表GKの権田ものこの予想外のプレーには対応しきれず失点を許してしまいました(少なくとも元チームメイトの谷澤は知ってただろw)その後は、前がかりに攻めるFC東京に千葉がしっかりと対応し、今度はオーロイのスルーパスから米倉が追加点、そして最後は途中出場の青木孝太のクロスをオーロイが再び決めて勝負あり。J1昇格のライバル同士の対戦はまさかの千葉の圧勝で幕を閉じました。

千葉の勝利の大きな要因は間違いなくオーロイの活躍にありますが、それだけではなく、去年までの千葉にはなかった組織的な守備が今年の千葉にはあるという事が挙げられるのではないかと思います。前線の深井らが献身的に前からプレスをかけ、新加入のセンターバック竹内や右サイドバックにコンバートした山口がしっかりとFC東京のアタッカーに対応出来ていたので完封できたのだと思います(左サイドバックの坂本が穴なのは秘密w)

FC東京は米本負傷のアクシデントが少なからず影響した部分もあるとは思いますが、先制するチャンスも少なくなかったので決定力不足が敗因ではないでしょうか。離脱中の平山がいたら変わったかもしれませんね。

そんなこんなで、先週の試合を必死に思い出しながら書いてみました。これからは「フクアリ観戦記」というシリーズで観戦したらすぐに観戦記を書いていきたいと思います。まぁわたる君が書くかもしれませんが。

試合とは関係のない部分ですごく印象に残っているのが下の写真にあるFC東京の横断幕。絶対なめてるでしょ笑003.jpg







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

早稲田大学公認サークルのサッカー観戦会による観戦記です。


サッカー観戦会に興味のある方はこちらへどうぞ。

サッカー観戦会

Author:サッカー観戦会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。