スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわ・さわ・さわ・さわゴール ~日本女子代表×なでしこリーグ選抜~

8月19日(金) 東日本大震災復興支援チャリティーマッチ19:20 kick off 国立競技場


日本女子代表 3-2 なでしこリーグ選抜

得点:(日本代表)近賀ゆかり(前半15分)、川澄奈穂美(前半18分)、阪口夢穂(前半23分)
   (リーグ選抜) 菅澤優衣香(後半4分)、渡辺彩香(後半46分)

日本女子代表-------------------------
GK 1 海堀あゆみ (→ 後半0分 GK 12 福元美穂)
DF 2 近賀ゆかり
DF 3 岩清水梓 (→ 後半0分 DF 14 上尾野辺めぐみ)
DF 5 矢野喬子
DF 16 田中明日菜
MF 6 阪口夢穂
MF 8 宮間あや
MF 9 川澄奈穂美
MF 10 澤穂希 (→ 後半18分 MF 13 宇津木瑠美)
FW 11 大野忍 (→ 後半17分 FW 20永里亜紗乃)
FW 18 丸山桂里奈 (→ 後半0分FW 19 高瀬愛実)

なでしこリーグ選抜-------------------------
GK 1 大友麻衣子 (→ 後半43分 GK 16 松林美久)
DF 2 土橋優貴
DF 3 清水由香 (→ 後半0分 11 FW 木龍七瀬)
DF 4 甲斐潤子
DF 5 川村優理
MF 6 宮本ともみ (→ 後半28分 MF 8 小林弥生)
MF 7 中野真奈美 (→ 後半43分 MF 17 川村真理)
MF 10 柳田美幸
MF 13 南山千明
FW 9 菅澤優衣香 (→ 後半43分 FW 15 渡辺彩香)
FW 12 中島依美 (→ 後半0分 FW 14 米津美和)



 みなさん、夏休みをいかがお過ごしでしょうか?今回は、夏休み真っ只中、国立競技場へなでしこジャパンこと日本女子代表となでしこリーグ選抜のチャリティーマッチを観に行きました。

試合当日、東京の空は雲に覆われ、雨が降ったりやんだりという微妙な天気でした。それにもかかわらず、2万人を超える大勢の観衆が国立に集まるというなでしこフィーバーがまだ終わっていないことを感じさせます。

試合前、国立競技場に隣接する明治公園には、FIFA女子ワールドカップ優勝記念を記念した展示会があり、ワールドカップトロフィーやメダルが展示されていました。


またスタジアム内のコンコースには、なでしこリーグのブースが設置され、チーム関連グッズ販売を選手が浴衣で行っていたり、日テレベレーザとINAC神戸レオネッサのユニフォームを着た人たちが談笑しあう光景など、まさにお祭り的な雰囲気を醸し出したコンコースでした。


無事に国歌斉唱が終わり、試合が始まると、前半、海外組がほとんどいないながらもなでしこジャパンが華麗なパスワークで相手を圧倒し試合のペースを握ります。そして待望の先制点を決めたのは、左からのクロスをハーフボレーで合わせた、右サイドバックのDF近賀ゆかり。フリーだったとはいえ、ボールをふかすことなく、落ち着いて決めるあたり、技術の高さを垣間見えます。

さらにハーフウェーライン前方からW杯準々決勝ドイツ戦の延長戦にて貴重な決勝ゴールを決めたFW丸山桂里奈がドリブルで相手DF陣を切り裂き、ペナルティエリア内、フリーで待ち構えるは浦和の○木選手に似ていると噂の美女FW川澄奈穂美にパス。川澄、右足を振りぬき見事2点目。攻撃の手を休めないなでしこジャパンは、正確なキックが持ち味のMF宮間あやが左足でのFK。しかしなぜか蹴った直後に「ピーーーー」と長い笛。その笛で選手の足が止まってしまい、そのボールに阪口夢穂がフリーでヘッド。キーパーは反応しようとするもキャッチできず、3点目。観客も「あれ?今の入っちゃったの??」的なゴールでした。


前半を3-0で終えたなでしこジャパンは、今後のロンドン五輪に向けた選手の入れ替えを行い後半に臨みました。しかし連携不足からか、後半早々、左サイドの裏をなでしこリーグ選抜に突破され、中に折り返され、あっさり1点を返されます。その後、代表のキャプテンでW杯得点王のMF澤穂希が後半途中でピッチを後にすると、一進一退の状態から、なでしこリーグ選抜が優勢になります。その頃から、代表ゴール裏で観ていた観客が、面白い試合展開を望み始めたか、一応は、相手であるリーグ選抜の惜しいシーンに、ため息が聞こえてきました。その甲斐あって?か試合終了間際に、なでしこジャパンがリーグ選抜にPKを献上し、1点差に追いあげられた時は、なぜかスタジアム全体が大歓声…。しかしこのゴールの直後に試合終了のホイッスル。3-2でなでしこジャパンが勝利しました。


試合後のスピーチで、代表監督の佐々木則夫監督がなでしこリーグ選抜の健闘を称えるというとても紳士的な言動に、観客は大きな歓声が起きます。さらにキャプテンでW杯得手のMF澤穂希のスピーチでは、この日一番の歓声。最後に両チームの選手たちがスタンドを一周し、チャリティーマッチは無事に終幕。



9月に入れば、すぐになでしこジャパンはロンドン五輪の出場を懸けた予選がスタートします。男子サッカーだけでなく女子サッカーも女子サッカーの魅力があると思うので、今後も女子サッカーにも関心の目を向けていけたらなと思います。



P.S. 澤選手のチャントは「さわ・さわ・さわ・さわゴール」。ルーコンと違って、そんなにさわを連呼しません…。
スポンサーサイト

プロフィール

早稲田大学公認サークルのサッカー観戦会による観戦記です。


サッカー観戦会に興味のある方はこちらへどうぞ。

サッカー観戦会

Author:サッカー観戦会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。