スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は美しい~♪ ~立正大淞南高校×新潟西高校~

1月3日 第89回全国高校サッカー選手権大会 3回戦 西が丘サッカー場

立正大淞南高校 5-1 新潟西高校

得点:<立正> 新里大地(47分)、小田悠太(52分)、池田拓生(54分)、加藤大樹(66分)、中村謙吾(82分)
<新潟西> 山川翔也(72分)



こんにちは。観戦記vol.3です。 vol.2と同じ日、同じ会場で行われた第2試合の、立正大淞南(島根)×新潟西(新潟)について書こうかと思います!

vol.2を書いた人が2試合目の前に用事で帰ってしまい、3人で観ることになったこの試合。
黄色いユニホームが目を引く立正は、スピードとトリッキーさが光る攻撃と意外と堅いディフェンスが面白く、島根県勢初のベスト8も十分に狙えるチームでした。
対する新潟西は青のユニホーム。組織がしっかりしたチームで、堅実なサッカーをするチームとの前評判でした。

前半は立正ペース。スピードのある前線3人を中心にいい流れでチャンスを作りますが、最後のところで新潟西のDFにすべて防がれてしまい、得点がなかなか入りません。新潟西もいくつかチャンスを作りますが、決定機はあったかな?といった印象です。
そうこうしている内に前半は両チーム無得点のまま終了。この流れは、ワンチャンスで新潟西が決めてそのままいくパターンかと予想しましたが、後半早々にその予想は裏切られました。
後半開始直後に、うまく裏に抜け出した16番新里のゴールで立正が先制すると、勝負は立正ペースになっていきます。
前半にもまして多用するようになったヒールパスやドリブルがうまくハマり、2点目は小田→池田→加藤の連携から、最後は17番加藤の低いクロスに19番小田がスライディングで合わせるという綺麗な形で追加点を奪います。
そしてこの2点目がとにかく大きかった。2点目をとってまもなく、14番池田の技ありシュートが決まって3点差に。
立正はセットプレーのアイディアも豊富で、4点目はCKから、小柄な加藤がうまくフリーになってヘディングを相手ゴールに突き刺します。
新潟西もサイドのスペースを突いて、10番山川がヘディングで1点を返しますが、反撃もここまで。
最後にもう一点立正が加え、5-1で立正大淞南が大勝しました。

立正はとにかく、調子に乗ると恐ろしいほどの力を発揮するチームでした。1失点はしましたが、守備もそれほど軽くはないと思います。先制できれば強いでしょうが、同格、または格上の相手に先制されたときにどんな試合ができるかが見ものですね。慌てずに自分たちのサッカーができれば、強豪校にも十分勝てる力があると思います。
・・・などという話を、観戦しながら話していました。一人で観戦するより、やっぱり色々話しながら一緒に観るほうが楽しいですね。興奮も感動も共有することができますし。
立正の応援も、「出でよ。神龍!!」など、高校生らしい調子の乗りっぷりが見られました。
今年の優勝校はどこになるんですかね~?
以上、高校サッカー観戦記でした!



posted by みなみ
スポンサーサイト

うつむくなよ、ふり向くなよー ~滝川第二高校×青森山田高校~

1月3日 第89回全国高校サッカー選手権大会 3回戦 12:05 kick off 西が丘サッカー場

滝川第二高校 2-0 青森山田高校

得点:(滝) 樋口寛規(前半10分)、Own Goal(後半45分)



観戦記vol.2です!今回はJリーグ2010シーズンも元日の天皇杯決勝をもって一段落したため、高校サッカーを観に行きました。

メンバーは4男が1人、2男が1人、1男が2人の計4人。





3回戦屈指の好カード、滝川第二×青森山田…。会場の西が丘は大勢の観客が来て、3回戦とは思えない人気ぶりでした。


しかしそれもそのはず。観客の注目は、高校サッカー界BIG3の一人、青森山田のイケメンMF、柴崎岳くん(3年)です。


彼は高校2年時から、2007~2009年までJリーグ3連覇・今年の天皇杯のチャンピオンである、日本屈指の強豪クラブである鹿島アントラーズに入団が内定してます。


そして選手権準優勝に終わった去年の雪辱を晴らすべく、高校最後の年を迎えた柴崎くんと、彼が率いる青森山田を目当てに、老若男女女女女が西が丘に押し寄せ、青森山田の勝利を予想したでしょう。



しかしいざ始まってみると、1回戦でハットトリックを達成したFW樋口寛規くん(3年)のゴールで滝川第二が先制。その後、青森山田の攻撃を抑え、試合終了間際に追加点を入れ、滝二が勝ち上がりました。


樋口くんはゴール以外にも裏への飛び出し、ドリブル、キープ力の上手さが光り、注目選手の名に恥じないプレーで滝二攻撃陣を引っ張り、滝二の勝利におおいに貢献しました。



大会通算5得点目となる先制点をとった樋口くん。実は誕生日(4月16日)が高校の先輩でもある、日本代表FW岡崎慎司(シュトゥットガルト?)と同じ。


他にもデカモリシこと森島康仁(大分)や金崎夢生(名古屋)など有能なアタッカーを輩出した学校だけあって、"岡崎2世"と言われる樋口くんの将来に"胸が熱く"なっちゃいますね。


まだこの時点では、プロからお呼びがかかっていないようなので、ぜひ高校選手権という場で"就活"を成功させてもらいたいです。




一方、負けた青森山田の柴崎くん。試合中、要所要所で巧みなプレーで観客を魅了し、負けた後も凛々しい姿で応援席に挨拶していたのが印象的でした。


試合後のインタビューでも,疑惑のゴールだった1点目に関して「ジャッジは運。点を取れなかった僕らが悪い」と18歳とは思えないコメントを残しました。卒倒ものですね。。



高校日本一は果たせませんでしたが、来年からは鹿島でリーグ制覇、はたまたアジア制覇に貢献してくれることを期待しましょう!





高校サッカーという、普段見ているJリーグとはまた違った良さが垣間見ることができ非常によかったです。試合中は箱根駅伝のことなんか忘れてしまいましたよ(笑)あっ、早稲田優勝オメデトウ…。あと解説の瀬古さんも、ね…。



こんな感じで自分としては第1回の観戦記を終わります。ではではまたどこかで。。


posted by さーてぃーすりーりばーらいと

プロフィール

早稲田大学公認サークルのサッカー観戦会による観戦記です。


サッカー観戦会に興味のある方はこちらへどうぞ。

サッカー観戦会

Author:サッカー観戦会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。